コナミ様「ビートストリーム」向けイオシス楽曲BGAを作成しました

2015年台湾例大祭:台湾旅行記~3日目

ついうっかり間が空いてしまいました。
実はこの間の週末は箱根の方に慰安旅行に行ってきたのですよ。
それのレポはとりあえず置いといて。今回は台湾遠征3日目のレポです。

疲れてたのか、この日は起きるのが遅かったですね...。9時半ごろに起きて、シャワーを浴びて出発します。
この時、近場で行ける手ごろな場所がないか調べてたんですが、どうやら歩いて行ける距離に中正紀念堂なる観光地がある模様。
今回のホステルがチェックアウトが12時ということもあり、その間に行ってみることにしました。

南陽街の風景
今回泊まったホステルの周辺の様子。この入り組んだ感じは確かに中国感があります。なんとなく。

「の」
そういえば、なにやら台湾では「的」という漢字にひらがなの「の」をあてることがプチブームらしく、広告の看板にもこんな感じで使われています。
この看板のほかにも、駅のスマホアプリゲームの広告にも「の」が使われているのを見ました。

二二八和平公園
途中でこんな感じの大きな公園を見つけました。どうやら二二八和平公園という場所のようです。
日本統治時代に作られた公園で、その後第二次大戦終戦間もない頃に、中華民国の統治に反抗して民衆が蜂起し、多くの人が犠牲になった二二八事件の中心地のひとつとなったそうです。
台湾の歴史は詳しくないですが、今の日本と肩を並べる先進国となるまでには多くの政治的な弾圧があったと聞きます。

二二八和平公園
今はこんな綺麗な公園となって市民の憩いの場となっているんですね。

総統府
さらに途中で見つけた、こちらは中華民国総統府です。この建物も日本統治時代に作られたもので、上空から見ると日本の「日」という漢字が見えるような建築デザインになっているそうです。
その時代の建物が今もこうして使われているのは、歴史的建築物とはいえ若干複雑な心境があります。

気象台
こちらは台北の気象台。
壁面の一部が気温計になっているようです。この時は32℃。暑い。高い湿度も相まってじっとしてても汗が流れてきます。

國家戲劇院
そして何やらいかにも中国風の建築デザインの巨大な建物が目の前に現れました。
國家戲劇院という劇場のようです。外の案内板にも、この期間の公園の劇(なのかな?)の広告が貼ってありました。
この写真を撮っている時警備員さんから話しかけられて若干ビクビクしたんですが、確認したらどうぞ写真撮ってくださいってことだったので安心しました。

自由廣場牌坊
そして中正紀念堂や先の國家戲劇院を含めた公園であるところの自由廣場に着きました。
写真はその自由廣場牌坊というアーチなのですが、何やら工事中の模様...。

國家音樂廳
こちらは國家音樂廳。いわゆるコンサートホールですね。國家戲劇院と対になる形で、広場の向かい同士に建っています。

自由廣場
それにしてもこの広場とにかくでかい。この写真をみていただければスケール感がなんとなくわかっていただけるでしょうか。
ちなみに、奥に見えるのが中正紀念堂です。

中正紀念堂
近くで見ると物凄く大きいですね...。
この中正紀念堂は中華民国の初代総統である蒋介石の顕彰施設です。ちなみに、中正というのは蒋介石の本名なんだそうです。

倫理・民主・科学
建物の真ん中にある大きな入口から中に入ってみると、蒋介石の像がありました。
さらにその後ろには、倫理・民主・科学という、蒋介石の掲げた三民主義の標語が書かれてあります。
それにしても物凄い観光客の数です。人ごみのかなり後ろの方から撮影しました。

蒋介石の像
蒋介石の像のアップ写真。
国父と言える大人物の像が、笑顔で彫られてあるというのは印象深いですね。蒋介石の懐の深さや、人々に愛されるその人物像が見えてくるようです。

中正紀念堂公園全景
中正紀念堂から撮った公園の全景。
左が戲劇院、右が音樂廳、奥に見えるのが自由廣場牌坊です。
ほぼ完ぺきな左右対称になっていてとても均整の取れたデザインですね。このあたりはヨーロッパの庭園デザインに通ずるものがあるかもしれません。

いやー、あまりのスケールに度肝を抜かれました。
来るまでは台北って食べ物と台北101のイメージしかなかったんですが、こんな観光地もあったとはいい発見をしました。
それほど長い時間滞在したわけではないんですが、最終日にきちんと観光らしいことができて満足です。

ということで12時にホステルに戻ってチェックアウト。
高速混んでたらアレだし念のため早めに空港に着くようにするかーと思って、シャトルバス乗り場に向かいます。
...が、バスの乗り場を思いっきり間違えて、30分くらい迷子になって大分慌てました。最初台北駅の北の方にある乗り場に行ったんですが、どうやらそこは台中方面に向かうバスのターミナルだったらしく、正解はホステルからもほど近い位置にある台北駅の西側の方の乗り場でした。
これ、多分間違える人多いんじゃないかなぁ...。とにかくなんとかそこそこの時間に間に合って、シャトルバスで桃園空港に向かいます。

1時半ごろ桃園空港に到着。まだ時間はある...ということで、空港のフードコートで昼食をとることにしました。
しかし、マクドナルド、日本食、韓国料理、カレーと、なんかどこでも食えそうなラインナップばかり...。

きしめん
その中で見つけた台湾料理(であろう)の店で、きしめんらしき肉麺を注文してみました。
値段は覚えてないですが、確か150ドル(約600円)とかそのくらいだったはず。美味しゅうございます。

2時ごろ、それじゃ出発2時間前だしそろそろ出国手続きするか...と思っていたら、偶然そこを通りかかった豚乙女一行と遭遇しました。
話によると、COOL&CREATE一行含め私と同じ便とのこと。まぁそりゃそうだよな...と思いつつラッキーな巡り合わせでした。
で、荷物預かり所ではそのCOOL&CREATE一行と遭遇。わぁいにぎやかだぞ。

2時半ごろに出国手続き完了。まだ時間があったので、ターミナルをブラブラしたり、お店でお土産を買ったりしました。
ちなみに買ったお土産はマンゴーチョコレート。この台湾遠征の一週間後のチーム我等達等の箱根遠征のために買いました。

4時過ぎに出発。なにやら飛行機の渋滞というか行列が発生していて離陸したのは5時ごろでした。
行きも遅延したし、なんだかついてないぞ。

9時前に成田に到着。
実はここでやらかしてたんですが、台湾にいるうちにお金を両替するのを忘れてました...。台湾で両替する方が手数料が安く済むらしいのです。
まぁ仕方ないかと思いつつ成田の銀行で両替してみたら、なんと1ドル3.5円で両替されてしまうではありませんか。
今回、お金は割と大目に使うだろう...と思って結構な額の現金を持って行ったのですが、この再両替で5000円近く損することに...。こんなのボッタクリだよ。
しかもこれまたこの場で知ったのですが、小銭は両替不可とのこと。こんなことなら小銭を全部使い切っておけばよかった...。

とまぁ、終わりがよくなかったのですべてよしとはいかなかった今回の台湾遠征。
でも、なんだかんだで現地での観光はとても楽しめました。台湾いいとこです。
ただ、できれば一緒に行く人はいた方がよさそう。多分ひとりよりも二人以上の方が楽しい国です。
次台湾含め海外に行く時は、同じ失敗は繰り返さないようにしたいですね。以上!

アルバトロシクス

迷走ポタージュ

Recent Products

このサイトのコンテンツを視聴するには、最新版のFlashPlayerが必要です。

Adobe Flash Playerを入手

Page Top