銚子フェスティバル2016レポ~1日目

もう1ヶ月近く前になりますが8月27・28日の銚子フェスティバル2016おつかれさまでした!!
最近までめっちゃ忙しかったんですがようやく多少は時間とれるようになってきたので、今回はそのレポを日記にしたいと思います。

■8/27

6:30
いつも我々が遠出ロケする時に待ち合わせるニッポンレンタカーの前で待ち合わせ。
と言っても今回集合は6:00だったのに、とある3人が時間から30分経ってもやってきません。寝坊してやがる。
その後結局1人は無事1時間遅れで合流したものの、あとの2人は間に合わないので電車で直接銚子に向かうということになりました。
今回我々だけのロケじゃないのに何をやっているんだ...。
というわけで7:30頃出発。MOCさんの運転するハイエースで銚子に向かいます。

9:30
スピード狂MOCさんの猛リカバリで予想外に早く銚子に到着してしまった我々。
会場近くのセーブオンでウッド村ファームの木村さんと待ち合わせの手はずとなりますが、ちょっとした買い物がてらコンビニに入ったところ、quimさんが店員さんから「今日がんばってねー」と言われる事案が...
何事かと聞いてみたら、銚フェス実行委員会の手筈でコンビニ内に我々と今回のイベントのことが載った新聞記事が貼られているではないか...。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

どこまで色々頑張ってくれているのだろうか銚フェス実行委員会。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

10:00
木村さんと合流し、利根かもめ広場からほど近いカフェ「ぼっか」さんに移動。
今回貸し切りでスタッフ休憩所として使わせていただきました。
ここで遅刻メンバー+ゲストさんたちと合流する手筈です。
しかし、雰囲気のいいカフェだなぁ...。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

水出しコーヒー(美味しい)をいただきつつ、今回のためだけに用意された銚子電鉄の記念チケットにみんなでらくがきをしていきます。
買ってくれたみんなは誰の絵柄が当たったかな?

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

11:00
遅刻した面々や電車でいらしたゲストさんたちも続々到着して、おおよそ全員揃ったところで、チーム我等達等全員で5月に我々が耕作した畑の方に向かいます。
ハイゼットの背に乗り(私道です)山の方に向かって揺られること5分ほど。(ここまでの道のりもまたジャングルクルーズっぽくて面白いんですが)到着してみると...。

やはり前週で発生した台風の被害を大分受けていたようです。
残念ながらきゅうりはほぼ全滅。トマトもおそらく八百屋に並べないくらいにはかなり傷ついたりしていました。
しかし一方でミニトマトやナスは割と頑張ってそれなりの形や色、大きさになっており、青唐辛子はびっくりするほどたくさんなっていました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

これがその写真。いやぁ、ほんの触りとはいえ自分たちで植えた野菜がこうして形になっているのを見るとなかなか感慨深いですね。
収穫されたこの野菜は、2日間通し券を購入してくださったお客さんのみなさんに提供されました。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

12:00
利根かもめ広場の方に戻り、メンバー全員で大急ぎで会場準備を行います。
今回屋外ライブということもあり、回すVJもなかったので、今回自分は物販のお手伝いをさせてもらってました。
それにしたって物販が多すぎる...。そのうち2/3をSHIGANAI RECORDSを占めているというのも正直どうかとは思うんですが。

13:00
1日目開演!...とその前に、なんと今回のために会場にいらした銚子市長のご挨拶がありました。
市長の軽快なトーク(といっても自分はお昼休憩のためにぼっかさんの方にいたので聞いてなかったんですが)に会場は大盛り上がり(と伺っています)。
あとでquimさんが「やっぱトークを仕事にしてる人は違うな!」と舌を巻いていました。

そして開演。1組目は我らがTEAM MOCUP。この面々がライブをやるのも久々なので「見たかったなー」と休憩室で差し入れのサンドイッチを食べていたのですが、何故か突然MOCさんが大焦りで休憩所に突入してきたではありませんか。
「あれ?MOCさん出番...」という声も華麗にスルーし、ぼっかさんからノートPCを借りて諸々操作をし、USBメモリをどうこうして大急ぎで会場へ向かうMOCさん。
何があったかはご想像におまかせします。といってもさんざんお客さんからのレポでいじられてたのでモロバレとは思いますが。

2組目はこばきょんさん。我々としては2年前のイオリンピックあたりかなぁ?でご一緒して以来なのでご無沙汰です。このあたりで休憩終えて物販チームと交代。
今回は紺色のキレイな着物姿での参戦でした。曲目は個人でリリースされてる東方アレンジ「なないろ」シリーズからの選曲がメイン。ラストは黒崎朔夜さんとのデュオで〆。

3組目は556ミリメートルfeat.黒崎朔夜ペア。
正直に言うと556ミリメートルさんのことは詳しく存じ上げなかったのですが、ステージに立つとメチャクチャ観客の煽り方が上手い。トークも冴えてる。
選曲もユーロ系メインでかなり盛り上がっていました。こっちも物販放棄して観客側でワイワイやってました。

話は変わって物販での小話なんですが、実はこの日メチャクチャ風が強くて...。会場に着いた時点では「曇り空で気分的にはアレだけど過ごしやすくていいかもね~」などと言っていたのですが、風に徐々に体温を奪われて夕方頃には寒いと思うほどになりました。おかげでしょっちゅう物販が飛ばされるので、それらを常に抑えていなければならずとても気が休まりませんでした...。

ここからまた休憩に入ったので見れてないんですが、天音さんのDJタイムの後は桃箱さん&みこおねえさんペア、そしてunoさんのDJタイムと続き、そして自分が休憩から戻ってきたところで最後はいつものチーム我等。
物販しながらだったのでよく見れてませんでしたが、さぞお客さんたちもひれ伏し甲斐があったでしょう。地面が土だから汚れるってのに。

17:30
そんなこんなでなんとか天気が最後までもってくれた状態で1日目終了。
30分ほど押してしまったので、この後のスケジュールにも若干支障が出てきます...。
ひとまずは、物販の売上の計算をして今回のゲストさんたちに売上をお納めします。ご出演ありがとうございました。
その後は全力で片付けをするのですが、何分数が多すぎる。開場を後にできたのが18時過ぎくらいだったんですが、かもめ広場から二次会会場の犬吠埼ホテルまでは車でも3~40分かかります。さらにquimさんが諸々事務作業などで後から遅れて向かうことに。
この時点で19時からディナー&トークショーを行えないのはほぼ確定だったのですが、なんとか巻こうとMOCさんの運転で全速力で犬吠埼ホテルまで向かいます。

19:00
チーム達等が犬吠埼ホテルに到着。本来こういうイベントでお客さんを待たすなんてことはあってはならないとは思うのですが、そこは我々のファン。大変お行儀よく待っていてくださったので大変助かりました。
quimさんが来るまではトークショーも始めることができないので、ひとまず我々の部屋に向かうことに。
いかにも旅館感ある風情のある広いお部屋でした。写真撮っとけばよかったな。
ただし、9人分の布団がしかれるので、結局足の踏み場もないくらいの狭さにはなってしまうんですが。

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

19:30
遅れてquimさんが到着。みんなでトークショー会場の大広間へ向かいます。
わざわざこれだけのために看板まで用意してくださって...。なんかもう至れりつくせりですね。
いつもどおりMOCさんの音頭で乾杯。今回トークショーという体のはずだったのが、各人の遅刻やイベント中のミスなどをあげつらうという糾弾会に発展。世にも見苦しいイベントとなったとお思います。
何故か最後は据え置きのカラオケマシンでMOCさんが「あずさ2号」を絶唱。マジモンのディナーショー的展開で変な盛り上がりを見せて終了しましった。
ところで、お客さんのために用意されてたバイキングはさることながら(我々は食べてません)、今回特別に用意された銚子バーガーなるハンバーガーがとても美味しかったです。なんでもサメの肉が使われているとか...?すごくあっさりした味でした。

21:00
トークショー終了。お客さんたちは各々お部屋に戻っておやすみいただきます。この間に我々はご飯をいただきました。
その後は就寝...と思いきや、ここでまたひとネタあったんだなこれが。既にTwitterなどでバレてると思うので言いますが、ルームサービスの枕投げを敢行したのです。
ターゲットは皇室の方も宿泊されたという一番広い301号室。予告をした後全員枕をもって、一気に部屋に突入して襲撃...する手はずだったんですが、なんと301号室側はこれを待ち伏せからの不意打ちで撃退。完全に劣勢に立たされた我々少なくない犠牲者を出し辛くも撤退するのでした...。
鍛え抜かれたファンって怖い。

23:30
油を売りすぎである。24時に浴場が閉まってしまうので、大急ぎでお風呂に入りに行きます。
かなり良さ気な大浴場だっただけにものの10分程度であがってしまったのは残念極まりない...。

24:30
就寝。
長くなりそうなので2日目は次の日記に回します!

カギさん(@kagi55x)が投稿した写真 -

アルバトロシクス

迷走ポタージュ

Recent Products

このサイトのコンテンツを視聴するには、最新版のFlashPlayerが必要です。

Adobe Flash Playerを入手

Page Top